長期休暇に入るとその長い時間を利用してお金を稼ぎ、先々の生活費と娯楽費を稼ごうとする学生は多い。しかし、夏休みや冬休みなどの長期休暇はバイトに勤しむだけではなく、リゾート地へ観光に行ったり、インターンシップを受けたりといった活動にも適しているものであり、バイトだけに傾倒してしまうともったいない期間である。働けば働くほどお金が貯まるというのは事実であり、まとまった時間を使ってしっかりと稼ぐことができる長期休暇は大学生にとってバイト期間となりがちだろう。しかし、長期休暇を様々な活動に有効活用するためには、ある程度はバイトの時間に制限を設けた方が良い。そのために重要となるのが貯金の目標額を設定するということである。バイトではどの程度の時間働けばどれだけの収入があるかということを試算するのは容易である。そのため、バイトを始める前から、ある金額を手に入れるためにはどの程度の時間働けばよいかということは予想ができる。それをもとにして貯金の目標額を定めることによって、どれだけの時間の余裕を長期休暇中に持つことができるかということがわかるだろう。そういった目標設定を行うことで、残る時間を旅行やインターンシップに有効活用することができるようになる。そのために必要となる貯金もバイトによって貯めることができるため、長期休暇を無駄なく有効活用するための考え方として有用なものといえるだろう。将来のために貯金しようと思っている人は、まずはバイト探しから始めてみると良いだろう。