何歳までにいくら貯めたいなどの具体的な目標はあるだろうか?中には、1000万円貯めたいなどの大きな夢がある方もいるだろう。しかし、いきなり1000万円を貯めようと思っても、簡単に貯められる額ではない。貯金をしようと思うと、大きな額を目指すことは決して悪いことではないが、大きすぎる目標は、お金を貯める途中で挫折してしまう可能性も高くなるのだ。途中で挫折することを防ぐために、目標金額の設定には注意が必要。最終的に1000万円貯めたいと考えているのであれば、漠然と1000万円貯めようと考えるのではなく、年間いくら貯めるのか、月々で貯める額、そして毎日使える限度額を考えるなど、小さなステップから始めることが大切なのだ。達成しやすい目標から始めることで、小さな達成感を得ながら最終金額に向けて貯金が可能になる。また、小さなステップを達成していく過程で、時には自分にご褒美を与えていくこともポイントだろう。1000万円貯めるならば、100万円貯まるごとにリフレッシュで旅行に行くなどの自分にご褒美を与えることで、貯金のやりがいにも繋がる。小さなステップをクリアするごとのご褒美だけではなく、大きなステップを達成した時に、具体的にどのようなご褒美が待っているのか考えることも、モチベーションを維持するために大切だ。また、ご褒美について考えるだけではなく、どうすればステップをクリアできるのか考えて貯めることも忘れてはいけない。使う分と貯める分を良く把握しておくことが大切だといえるだろう。節約と貯金の習慣を身に付けて毎日コツコツ頑張ってみると良いだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です